2021年度の本命星ごとの吉方位・凶方位

2021年度の吉凶方位を公開する時期になりましたー。いやぁー2020年が始まった頃、オリンピックが延期になったり、世界的なロックダウンが行われるほどコロナが蔓延するとは思っても無かったですよね。

まだまだ収束には遠いようだけど、なんとか東京オリンピックは開催されるといいなーと願ってます。

吉方位・凶方位は、旧暦で観ます。ここで言う、2021年度は【2021年2月4日~2022年2月3日】の期間です。本命星がわからない人は、先に本命星早見表で自分の本命星を調べましょう。

吉方位とは、自分の本命星と相性の良い星が入っている方位となります。⇒参考記事【方位学の基本① 陰陽五行説で観る相性の良い九星

2021年度の年盤

2021年(丑)は、六白金星が中宮(真ん中)に入る年盤となります。

2021年度の誰にとってもダメな凶方位

誰にとってもダメな凶方位は、南東(五黄殺)、南(定位対冲)、南西(歳破)、北西(暗剣殺)になります。

2021年度は、凶方位が多いね。

凶方位① 南東【五黄殺】

五黄土星がはいってますので、五黄殺(ごおうさつ)となり、この方位も誰にとっても凶方位となります。強い凶作用が起こりますので、自身で選べる移動は絶対に選ばないように!

「自分は、二黒土星・八白土星で土星同士だから相性がいいわ♪」なんてことはありません。五黄土星の入る方位は特別で、どの星の人もダメダメな大凶方位になります。(移動の方位として使えないというだけで、五黄土星の人がダメなわけではありませんよ。念のため。私も五黄土星だしね。笑)

凶方位② 南【定位対冲】

定位盤では、「北に一白水星」「南に九紫火星」が入ります。「一白水星」の定位は「北」で、「九紫火星」の定位は「南」です。

この定位が反対となる「一白水星が南に」「九紫火星が北に」入った場合のことを【定位対冲】と言い、誰にとっても凶方位となります。

凶方位③ 南西【歳破】

その年の干支が入る方位は強いエネルギーが働くので、【大歳】という吉方位になります。2021年の干支は「丑」なので、大歳は「北東」となります。

反面、その干支が入る方位の反対側の方位「南西」はエネルギーが弱まり、すべてにおいてツキがなくなります。

その結果、人間関係・仕事・家庭など生活全般にわたって争い事などの「破れ」の現象が出やすくなります。これが【歳破】です。年の「破れ」が出る方位と言われます。⇒凶方位の種類

凶方位④ 北西【暗剣殺】

五黄土星が入る南東の反対の位置になるので、北西は暗剣殺(あんけんさつ)という大凶方位となります。誰にとってもダメダメな方位です。暗剣殺は、他動的な災難やトラブルが起こるので、旅行や引っ越し先として選ばないように!

2021年度の本命星ごとの吉凶方位一覧

一白水星

吉方位 東(2021年2月、7月、10月、11月)
凶方位 北、南東、南、南西、北西

二黒土星

吉方位 北東(2021年3月、4月、10月、12月、2022年1月)
西(2021年2月、10月、11月)
凶方位 北、南東、南、南西、北西

三碧木星

吉方位 東(2021年5月、10月)
凶方位 北東、南東、南、南西、北西

四緑木星

吉方位 北東(2021年10月)
凶方位 東、南東、南、南西、西、北西

五黄土星

吉方位 北(2021年4月、5月、10月、2022年1月)
北東(2021年2月、3月、4月、10月、11月、12月、2022年1月)
西(2021年2月、7月、10月、11月、12月)
凶方位 南東、南、南西、北西

六白金星

吉方位 北(2021年2月、4月、10月、11月、2022年1月)
西(2021年2月、7月、10月、11月)
凶方位 南東、南、南西、北西

七赤金星

吉方位 北(2021年2月、10月、11月)
西(2021年8月、10月、12月)
凶方位 南東、南、南西、北西

八白土星

吉方位 北(2021年5月、10月)
北東(2021年3月、4月、10月、12月、2022年1月)
凶方位 東、南東、南、南西、西、北西

九紫火星

吉方位 北(2021年4月、8月、9月、10月、2022年1月)
東(2021年2月、3月、6月、10月、11月、12月)
西(2021年6月、7月、10月)
凶方位 北東、南東、南、南西、北西

  • 上記内容で間違いがあれば、LINE@パナセのチャットで、お知らせ下さい。
  • 方位鑑定は行っていませんので、質問・相談メールを頂いても個別のお返事は致しません。
  • 方位鑑定師さんを自薦他薦問わず、当サイトで紹介します。⇒方位鑑定師さん登録フォーム