吉方位旅行の効果を高める5つの重要ポイント

2014/01/09

吉方位に行くことにより、吉方位の地から生命エネルギーを充電し、運気アップを促します。

大事は、寝る場所です。吉方位の効果を得るには、引っ越しが1番ですが、なかなか簡単に引っ越しはできないもの。そこで、吉方位旅行です!

せっかく吉方位旅行に行くなら、ぐぐっと効果を高めるような旅行にしましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧

吉方位旅行の重要ポイント

  1. 吉方位にて、3泊以上すること!
  2. 一泊目は、夜の10時40分頃(子の刻の前)までに泊まる部屋に入ること!
  3. 出来るだけ、吉方位エリアの中心ラインに近い場所に行くこと!
  4. 旅行の場合は短期なので、出来るだけ遠く(100km以上が理想)に行くこと!
  5. 毎日、温泉(温泉がなければ、お風呂)に入り、地のものを食べること!

①吉方位旅行の効果を最大限に上げるには、吉方位に三泊以上すること!

吉方位旅行の最大のポイントは、吉方位に三泊することです。三泊以上することによって、吉方位のエネルギーを100%充電できると思って下さい。

二泊だと30%、一泊だと10%ほどの効果になると思って下さい。機内泊やバス内の泊まりは一泊と数えません。移動してますので、エネルギーの充電ができません。

せっかく行くなら三泊以上がオススメだけど、一泊でも行けば良しです。ただし、吉方位に行くことだけを目的とせず、気分転換をして楽しむことが大事ですよ。

②一泊目は、夜10時40分までに部屋に入ること!

特に一泊目は、吉方位の宿泊先に夜10時40分頃までに入りましょう。

子の刻は、当日と翌日が混じり合う時間帯になるので、子の刻の前に入り、夜11時~深夜1時頃は、部屋の中にいることが大事です。

できれば、温泉やお風呂とかに入ると尚良です。温泉やお風呂は、その地の水に浸かることになるので、地のエネルギーを充電できます。

二泊目・三泊目は、吉方位の中であれば、どこにいてもOK!吉方位の中であれば、三泊違う宿でもOKです。

③中央ライン近くに行こう!

サンプル地図です。自宅を中心にして方位を観ます。赤ラインが中央ラインです。

できるだけ、吉方位の中心ライン上や中心ライン近くに行くようにしましょう。

隣の方位と隣接する場所(隣りの方位との区切り線から5%くらいのエリア)は、隣の方位の影響を受けます。隣の方位も吉方位や普通方位ならば問題無いですが、凶方位ならば境界線近くは行かないほうが無難です。

④できるだけ遠くに行くが良し!

地図にラインを引くと分かるように、遠くに行けばいくほど吉方位の範囲が広がりますので、できるだけ遠くに行くが良いです。

日程の都合で遠くに行けない場合は、滞在時間を伸ばすとか温泉に入る、地のものを食べるとかして、吉方位エネルギーを充電しましょう。

近場でも、吉方位の中央ライン上か近くに行けば、効果が得られます。

⑤旅行先の地のものに触れよう食べよう!

吉方位に向かって行くことで、すでに吉方位のエネルギーを得ていますが、地のものに触れたり食べたりすることで、さらにエネルギーを充電できます。

また、その方位の干支にちなんだ食べ物とかを食べると、尚良しです。例えば、南東は【辰、巳】が入ります。辰、巳は【長いもの】になりますから、長いもの=マカロニ、ラーメン・うどん・そば等の麺類やネギ、ニラを食べると良しです。

その方位に関わるものは、各方位の象意を参考にして下さい。

誰と行っても良し!だけど、できれば吉方位となるもの同士がイイネ!

吉方位旅行には、1人で行っても良いし、他の誰かと行っても良いです。

誰と行こうと、本人の効果は変わりませんが、出来れば、一緒に行く人の吉方位か否かを調べてあげたほうが良いと思います。

一緒に行く人にとって凶方位となってしまったら、その人が可哀そうですからね。吉方位でなくても、凶が入ってない普通の方位であれば問題は無いです。

-方位について

パナセ

パナセ

2019/11/18
手相観ぱなせから方位学に関するコンテンツだけ引っ越して、新しく【方位学.com】をプレオープンしました!
まだまだ製作中ですが、どうぞ、お役立て下さい!

Copyright© 方位学(九星気学) , 2019 All Rights Reserved.